burogu pegasus

無理せず、バランスよく、続けること

日記

水・意外な利用法

投稿日:2017年9月20日 更新日:

朝晩は秋らしい陽気になりましたが、昼間はまだまだ暑い日が続いています。毎日きちんと水分補給をしないと熱中症になる季節が続きます。水分補給というと何で補給しているのでしょうか。

私は基本的には水です。スポーツドリンクで補給をしている人も多いですね。

塩分も栄養分も補給もできますからね。ただとり過ぎには注意が必要です。

水の大切さ

以前に腎臓病の治療でステロイドを処方され、その副作用で血糖値が900近くまで上がったことがありました。 900ですよ!

病院に行ったらお医者さんにビックリされ即入院しろとのこと。

その時に糖尿病の先生から「水をたくさん飲んでいるから倒れなかったね」と言われました。

改めて水の大切さを実感しました。

>水は私たちの周りに最も多く存在し、生物を構成する物質の中で最も多くの割合を占めます。そして、母なる大地「地球」の70パーセントを占める物質です。

水は健康と深い関係にあります。よい水を上手に飲むことで、さまざまな病気の予防になります水は健康にいいと知っていても、美容のためにと意識して飲んでいる人はそれほど多くはないと思います。

そして水は、その種類によってさまざまな特性を持っています。

上手に利用すれば、美容にも大きな力を発揮してくれることが、近年明らかになってきました。

美容に良いといわれる水の種類と、美容効果があります。

水素水でアンチエイジング

水素水は、身体を錆び付かせて老化や生活習慣病などの原因である「活性酸素」を除去する効果があります。「還元」です。

肌に直接水素水を浸透させると、水素分子が真皮の活性酸素を除去してくれます。これは還元作用ですね。

肌のターンオーバーの正常化に効果を発揮してくれます。

そして、水素水には、メラニン色素の生成を抑制する効果もあるとされていますので、シミやそばかす、くすみを改善する美白効果も期待できるという事になります。

水は、その種類によってさまざまな特性を持っていますので、上手に利用すれば、美容にも大きな力を発揮してくれることが、近年明らかになってきているそうです。

炭酸水で血行促進

炭酸水を利用した美容方法は、近年多くのメディアで取りあげられるようになりました。

炭酸水に含まれている炭酸ガスを飲んで身体に取り入れることによって、血行が促進され、身体の中の老廃物を体外に排出するデトックス効果が期待できると考えられているのです。

また、最近では飲むだけではなく、炭酸水を皮膚から吸収させることで、肌の新陳代謝アップにも効果があると考えられており、美容に利用する人が増えているそうです。

炭酸水に含まれている二酸化炭素は、細胞にとっては必要のない老廃物です。そのため、皮膚から二酸化炭素を吸収すると、老廃物を排出しようとして血行が促進され新陳代謝が良くなるわけです。

炭酸水美容法はこのように身体のメカニズムを利用した合理的な方法です。

私たちの周りに一番多く存在するものなのでその利用方法もたくさんあります。

コストのかからないものなのでうまく利用できるといいですね。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

歩くということ

毎日、仕事の生き帰りに歩いています。歩くのが趣味で、もう20年くらい続けています。 いまは昔に比べてそれほど歩かなくなりましたがそれでも一日に9000歩から10000万歩くらいは歩いています。一般的に …

バーベキュー

先日、家族でバーベキューに行ってきました。 普通、バーベキューというと、自然を一杯浴びながら楽しむものですね。 それではどんな場所を想像しますか。 海、山、河川のキャンプ場などを想像すると思います。 …

オペレーターとアポインター

コールセンターでオペレーターとして働いています。 コールセンター とはお客様への電話対応を専門に行う部署・事業所になります。 今の職場で働いて3年半以上になります。常時、100名ほどが勤務しています。 …

糖尿病1000万人

9月22日付の朝日新聞の一面に「糖尿病1000万人」の記事がありました。 糖尿病が強く疑われる成人が推計で一千万人に上ることが厚生労働省の2016年の国民・栄養調査でわかったそうです。 1997年から …

街の書店が消える

朝日新聞の一面に「書店ゼロの街2割超」という見出しがありました。書店が地域に1店舗もない「書店ゼロの自治体」が増えているとのこと。 全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める420の自治体・行政 …