burogu pegasus

無理せず、バランスよく、続けること

健康

日本食とマクガバンレポート

投稿日:2017年10月3日 更新日:

日本ほど世界中の食材を食べることができる国はないと言われています。

また現在、日本食が世界的なブームです。その背景として、日本食がヘルシーであるということが大きな理由としてあります。特に米国においてそのブームとなった背景に「マクガバンレポート」があります。

健康食品の仕事では必ず取り上げられるのが「マクガバンレポート」です。

「マクガバンレポート」とは

1977年に連邦政府が発表した食生活改善指導のことで、当時アメリカでは、心臓病だけでもアメリカの経済は破綻しかねないといわれるほど医療費が増大していました。そんな財政的危機を何とか打開しようということで始められた背景があります。

その時の大統領、フォードが「こんなに医学にお金をかけて、医療がこれだけ進んでいるのに、病気の人が減らない理由はなんだ」と言い始めたのをきっかけに被験者3000人を調査し、2年間かけて5000ページにわたる「レポート」 を完成しました。

その時の「国民栄養問題アメリカ上院特別委員会」の「委員長」が、当時、副大統領だったジョージ・S・マクガバンであり、彼の功績 によって、「アメリカの栄養学が変わった」とも言えます。

マクガバンレポートの要点

「諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした《食原病》であり、薬では治らない」とし、更に「われわれはこの事実を率直に認めて、すぐさま食事の内容を改善する必要がある」 としています。

その内容を要約すると、高カロリー、高脂肪の食品つまり肉、 乳製品、卵といった動物性食品を減らし、できるだけ精製しない穀物や野菜、果物を多く摂るようにと勧告しています。また、この『マクガバンレポート』を補足する形で発表されたのが『食物・栄養とがん』に関する特別委員会の中間報告です。

そのレポートで特に注目されるのは、「動物性タンパク質の摂取量が増えると乳がん、子宮内膜がん、前立腺がん、結腸・直腸がん、膵がん、胃がんなどの発生率が高まる恐れがある」として「これまでの西洋風な食事では 脂肪とタンパク摂取量との相関関係は非常に高い」と述べています。

結論

そして「最も理想的な食事は元禄時代以前の日本人の食事である。」と報告しています。

“精白しない殻類を主食とした季節の野菜や海草や小さな魚介類”であることが明記されています。医療が進歩しても、食生活を改善しなければ、いくら薬を飲んだとしても生活習慣病を改善することにはならない。」という結論をマクガバンレポートとして発表しました。

このことは昭和30年代の高度経済成長以降、特に食が欧米化したいまの日本人にも共通して言えることだと思います。加えて、日本人は民族の食歴が肉食中心の食生活ではないために欧米人と同じような食生活になると体が受けるダメージは彼らよりはるかに大きくなります。

現代の日本においては昔のように限られた食材だけではなく、たくさんの種類の食材を手に入れることができます。

人間の生存および健康維持のためには40種類以上の栄養素が必要といわれます。つまりいろいろな種類のビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸、またエネルギー源としての炭水化物、たんぱく質、脂肪です。

これらの栄養素はバランスのとれた食事によって摂取され、そのためにはいろいろな種類の食品を食べる必要があるということです。

最後に

大切なことは「中庸」の考え方であり、「中庸」とは、極端に偏らないこと、執着しないこと、そして全体を受け入れること。バランスよくです。

何でもそうですが、「バランス」が大切です。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エナジードリンク 新聞記事より

先日の朝日新聞の一面に カフェインの過剰摂取注意の記事が載っていました。 カフェインを多く含んだ眠気防止のクスリや清涼飲料による中毒での 事故が多くなっておりこの5年間で101人が病院に搬送され、 3 …

ビジョントレーニングとは

ボクシングのWBA世界ミドル級王者村田諒太選手が行っていることで注目を集めているのがビジョントレーニングです。 これはものを眼でとらえる力や眼で見た物を脳で処理し、体を使って動かす機能を高めるトレーニ …

血圧サージ あなたの血圧は正常ですか?

「血圧」とは私たちの体の生命活動そのものであり、日々のストレス・その時の感情や生活習慣の影響を受けて変わり続けています。それが時に、命に関わる病のリスクになることもあります。 全身に酸素や栄養を届ける …

村田諒太 王座奪取 隠れた トレーニング法

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太が世界初挑戦した5月の第1戦で悪夢の判定を受け、その採点結果は世界中で議論を巻き起こしました。その後、WBAが両陣営に再戦指令を出す事態に発展していました。 ボクシン …

インフルエンザ 今年の傾向と 注意点

インフルエンザとは インフルエンザは、インフルエンザウイルスがのどや気管支、肺で感染・増殖することによって発症する病気です。 急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行がみられているます。 日本でも毎年冬 …