burogu pegasus

無理せず、バランスよく、続けること

健康

モダレーション

投稿日:2017年10月7日 更新日:

あなたはなにか運動をしていますか?

健康維持

健康な生活を送るためには、適度な運動が必要です。人間の体には、

・血液・リンパの流れ

・胃腸の流れ

・尿の流れ

・空気の流れ

・気の流れという

5つの流れがあるそうです。

これが滞ることなく流れることが健康維持には絶対必要だそうです。

そしてこの流れをよくする働きをもつのが「運動」です。これはあくまでも「体に適当な運動」をした場合です。

適度な運動

運動のしすぎは、じつは健康を害することにつながります。
理由は運動をすればするほど、体内に活性酸素が発生するからです。

取得した酸素の2%が活性酸素になるといわれています。
何事も体にとっては「適当」がいいのです。
この場合の適当は個人個人の体力や生活、精神面まで含めたうえでの

最適」運動ということです。

これを英語で「モダレーション」と言います。

このモダレーションは人それぞれ違います。

個人差があります。

ひとつの目安として毎日、自分のペースで3~4㌔くらいの距離を歩くことだそうです。運動のメリットの一つに、肺の空気の流れをよくするということが挙げられます。

空気の流れがよくなると、新鮮な空気が入ってくるので、新陳代謝が活発になり、血液やリンパ、胃腸の流れもよくなります。

また、過度な運動をしなくても、深呼吸を一日に数十回することによって、必要な酸素を充分に取り込むことができるようになります。

さらに深呼吸には、副交感神経を刺激し、精神状態を安定させ、免疫機能を高めるという効果もあります。

少しでも運動をする癖をつける

ウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動は、ある一定時間続けて行わないと意味がないと思われていますが、全体の運動量を考えると、10分程度の運動を細切れに行っても効果があることがわかっています。

ジョギングの途中で歩く、また歩きながら走るといったことを繰り返したり坂道になれば歩くという方法でもOKです。このように体調に合わせて運動を行うことは、運動の強度を必要以上にあげないことにもつながります。

意識すること

運動に限らずに日常生活の活動量をあげることで、運動量をあげることもできます。毎日必ず行うもの、たとえば通勤、通学の行き帰り、買い物に出かけることといった日常生活の中でもできるだけ歩くようにする、自転車を使う、階段とエスカレーターがあれば階段を使うといった心がけ一つで、普段の行動が運動に結びつきます。

ストレスを感じない範囲で、楽しみながら毎日続けられる
あなたにとってモダレーション運動」を心がけて下さい。

継続」は力です。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

錆びる 酸化する

動物性たんぱく質には肉と魚があります。 赤身の魚と白身の魚 そして魚には「赤身」と「白身」のものがあります。 一般的に赤身の魚よりも白身の魚のほうが体によいとされるのは、 赤身の方が酸化するのが早いか …

日本食とマクガバンレポート

日本ほど世界中の食材を食べることができる国はないと言われています。 また現在、日本食が世界的なブームです。その背景として、日本食がヘルシーであるということが大きな理由としてあります。特に米国においてそ …

インフルエンザ 今年の傾向と 注意点

インフルエンザとは インフルエンザは、インフルエンザウイルスがのどや気管支、肺で感染・増殖することによって発症する病気です。 急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行がみられているます。 日本でも毎年冬 …

健康寿命を延ばそう でもどうしたらいいの?

以前に「平均寿命と健康寿命」の記事を書いています。 今日、テレビで88歳の男性で一人暮らしをしているけん玉10段の日常生活を紹介していました。 一人暮らしですから自分で食事を作っています。 「健康寿命 …

えっ! 1時間座ると22分寿命が縮む

ここ最近、メディアがこの話題をよく取り上げています。 世界一長く座っているといわれる日本人です。 オーストラリアのシドニー大学で行われた22万人規模の調査では、一日11時間以上座っていると、4時間未満 …