burogu pegasus

無理せず、バランスよく、続けること

生活

 シラスも不漁 12年ぶり黒潮大蛇行とは?

投稿日:2017年10月31日 更新日:

黒潮大蛇行

カタクチイワシなどイワシの稚魚の総称であるシラスが今年に入り、深刻な不漁に見舞われています。

9/29気象庁と海上保安庁は、2005年8月以来12年ぶりに黒潮が大蛇行しているとみられると発表しました。すでに8月30日に気象庁が記者発表し、黒潮が紀伊半島から東海沖で大きく離岸しており、今後さらに南下し黒潮大蛇行になる可能性を指摘していました。

シラスは、九州や四国沿岸などで生まれ、黒潮の流れに身を任せ、相模湾にたくさん入ってくるのがわかっています。そのため静岡でのシラス水揚げ量は前年対比で84パーセントも減少しました。

不漁の原因が必ずしも黒潮大蛇行と断定することはできないそうですが、黒潮大蛇行に伴い、黒潮本体は本州から離れますが、黒潮の一部が分離して、関東から東海の沿岸を東から西へ流れ込むようになります。反流します。

内側反流が発達するとカタクチイワシの卵や仔魚が流されてしまい、またプランクトンの少ない黒潮水系に覆われてしまい、漁場形成がしにくくなるなどが懸念されます。

その一方で、沖縄などで見かける魚が東京湾に流れ込んでいます。ちなみに、2004年の黒潮大蛇行では、アワビ・キンメダイの不漁がおきました。
ことしは黒潮が大蛇行しておりそれにより、沿岸部では黒潮反流がおきています。満潮時刻、潮位の膨張、台風などが重なりやすく、高潮が発生することもあります。さらに、この冬の気候にも影響が出るかもしれないとの予測があります。

黒潮とは?

黒潮とは南からの暖かい海の水の流れであり、幅が100キロメートルもあり、透明度が高いために深いところまで見えます。青黒く見えるために黒潮と呼ばれています。

黒潮反流とは?

日本の沿岸に沿って東ないし北東に流れる黒潮の沖側に、ちょうど逆の西ないし南西に向かう幅の広い弱い流れがあり、これを黒潮反流と呼んでいます。

黒潮は八丈島の北を通過しており、典型的な大蛇行として、長期に続きやすい流路となっています。

12年前の大蛇行

水産研究・教育機構中央水産研究所(横浜市)によると、12年前の大蛇行の際はカツオが三重県沖の熊野灘で不漁になり外房沖で豊漁になったほか、瀬戸内海や紀伊水道東側でシラスの不漁が報告されています。

この大蛇行の影響で太平洋沿岸のシラス漁が不振に陥り、産地として知られる静岡、愛知両県では、大幅に水揚げ量が減少しました。東京都内のスーパーでも商品確保に追われる事態が起きました。

過去の大蛇行では太平洋岸で記録的な不漁に見舞われており、特に、カタクチイワシなどの稚魚であるシラスへの影響が大きいことがわかっています。

その原因とは?

大蛇行の原因については、今でもはっきりしたことはわかっていませんが、大蛇行が頻繁に発生する年代と、あまり発生しない年代があります。そして、はっきりとした周期ではありませんが、ほぼ10年に一度くらい発生し、一ヶ月以上続くとのデータがあります。

黒潮の大蛇行が起きると、黒潮は透明度が高いために栄養分が少ない海、言い換えればプランクトンが少ない海という事になります。このため沿岸の小魚が住みにくくなります。
つまり、黒潮大蛇行がおきると、ほとんどの漁業は大打撃となり、一年以上にわたり、魚の価格上昇が家計を襲います。

潮位上昇の危険

黒潮の大蛇行が起き、黒潮の一部が分離して、関東から東海の沿岸を東から西へ流れ込むようになると、沿岸の潮位が10~20センチ上昇するため低地は浸水の可能性が高まります。さらに台風が接近し、高潮が発生するときには、黒潮大蛇行で生じた潮位上昇が上乗せになりますので、非常に危険となります。

追記

しらす漁

2隻の漁船で魚群を囲むように、海中の表層または、中層を引き網するパッチ網漁で行われます。それぞれの漁船が八の字の方向に展開しながら投網し、終わると平行に引網する漁法です。網具の構造がズボンの下にはくパッチ(股引き・ステテコ)に似ていることから、この名が付けられたそうです。
2隻での操業から 「夫婦船」とも言われるようです。
また、しらすは大きな河のある沿岸海域でよく獲れるそうです。
いわゆる汽水域で塩分が薄くなり、たくさんの動物性プランクトンが発生します。
そのプランクトンを食べる為にしらすが群れとなって集まってくるわけです。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今年も秋鮭不漁 イクラ高騰

秋の魚と言えば、秋刀魚(サンマ)と秋鮭が双璧ですが、今年も「秋鮭」が不漁で高値でスタートしています。 主産地の北海道や東北の水揚げが昨年より3割以上少ない記録的な不漁です。逆に暖かい海流を好み、これま …

業務用米が足りない! おにぎり値上げ?

業務用米に異変が起きています。 現状は 大手コンビニのローソンは10月末、全国約1万2700店でおにぎり商品の一部で値上げに踏み切り、首都圏を中心に300店舗を展開するスリーエフでは今年度、おにぎりの …

マッスルマダイ⁉ ゲノム編集とは⁇

2018年1月3日 朝日新聞に気になる記事が載っていました。 マッスルマダイとは近大マグロで有名な近畿大学と京都大学が共同でゲノム編集をしたマダイのことを言います。 和歌山県・白浜町、ここで、京都大学 …

あなたの入浴法 間違っていませんか?

冬至に向かいますます日の暮れが早く日の出が遅くなっています。 冬は湿度が低いため、とくに肌が乾燥しやすい時期です。 もともと乾燥肌になりやすい季節ですが、この時期にさらに肌が乾燥する意外な原因がありま …

キンメも不漁 黒潮が原因か?

これから旬をむかえるキンメも不漁とのこと。 日本有数のキンメダイ獲得量を誇る静岡の下田港でも水揚げ量が少なく厳しい状況が続いているとのことです。 通常だと取引価格は1㌔1500円くらいですが、10月の …