burogu pegasus

無理せず、バランスよく、続けること

健康

人喰いバクテリア 致死率30%の怖さ

投稿日:2017年12月15日 更新日:

人喰いバクテリアという物騒な言葉が最近よくメディアに登場します。

初めてこの言葉を聞くあなたに分かりやすくレポートします。

2015年の日本の患者数は279人さらに2016年は442人で、2017年12月途中の時点で493人と過去最高となっています。

ラテン語で細菌をバクテリアといいます。つまり細菌=バクテリアです。
細菌が人を喰べる。 どういうことだろう?

人食いバクテリアとは「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」を指します。

厚生労働省は
「β溶血を示すレンサ球菌を原因とし、突発的に発症して急激に進行する敗血症性ショック病態である」と定義しています。

・「溶血」とは赤血球が破壊される現象のことです。
・「溶血」には何種類かありますが今回問題なのは「β溶血」と呼ばれるもので培地が完全透明に変化し、溶血帯は広く、その内部ではほとんどの赤血球が溶血によって消失する完全溶血です。不完全溶血もあります。
・「培地」とは、微生物や生物組織の培養において、培養対象に生育 環境を提供するものです。
・また「レンサ球菌」とは丸い玉が連なって増殖するという性質があることから、連鎖球菌と呼ぶようになったといわれています。

ウイルスと比較して10-100倍の体の溶連菌は年中私たちのまわりに存在している一般的な菌です。
日常生活の範囲に普通に存在する菌なのです。

・溶連菌とは、溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)の略です。

原因は?
どこにでも存在している細菌がこれほど問題視されるのは溶連菌が傷口や喉などから血液中に入り込み、「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」になった時です。
普段は重症化しないこの菌が、時に重症化してしまうのがいわゆる人食いバクテリア感染症です。
ただし、ありふれた溶連菌がどのようにして劇症型になるのかについては、今のところ明らかになっておりません。

どこにでも存在する通常の溶連菌感染症であれば、抗生物質を用いた治療法が確立しており、重大な合併症を防ぐための対策もなされています。

溶連菌感染症の感染経路
上気道や肛門などです。
生物の定義とは、細胞が有って代謝を行い、増殖する事が出来る物を指しています。
細菌はウイルスより大きく、また自己増殖が出来ます。
細菌は細胞が有りますので抗生物質は効きます。
抗生物質が有効な細菌であることから、現代の先進国においては、この細菌が人間の体に大きな問題を及ぼすことはほとんどないと考えられていました。
実際に、この菌が原因となる猩紅熱(しょうこうねつ)やリウマチ熱による死亡率は激減しています。
「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」その怖さとは
その症状は、四肢の疼痛等から始まり、数十時間以内には手足の壊死、細胞が死んでしまい真っ黒になるためそれに伴うショック、多臓器不全(複数の臓器が働かなくなること)などを併発し死に至る恐ろしい疾患です。
死亡率は約30%と細菌感染症の中でも高率です。
壊死のスピードは1時間に約2~3cm。信じられない速さで細胞を破壊し、組織破壊をします。早い場合には、発症してからたった24時間で死に至ることもあるほどです。
これが、劇症型溶連菌感染症が「人食いバクテリア」と恐れられる理由です。
ただし、発症してすぐに抗生物質を投与し、壊死した部分を切除すれば治療できる可能性もあるそうです。

とくに注意が必要な人
・免疫力が落ちる病気がある:糖尿病、肝硬変、慢性腎臓病、がんなど
・ステロイド薬を長期的に服用している
・免疫抑制薬を服用している
・アルコールの摂取量が多い
・アトピー性皮膚炎などの持病があって皮膚が弱い
・妊娠中、あるいは出産直後である
・高齢者

溶連菌自体はどこにでもいる菌ですので、この病気が人から人へ伝染することを心配しすぎなくて良いそうです。

予防法
残念ながら、現時点で人食いバクテリア感染症を予防できる明らかな方法は見つかっていません。一般的な対応として、手足の皮膚の感染が最も多いために皮膚に傷ができた際に気をつけるべきことには以下のようなものがあります


・傷はすぐに、シャワーなどでしっかりと洗う
・傷があるうちはプールや温泉、海を避ける(菌が入ってくることを避けるため)
・傷に触れる可能性のある手や指先は、なるべく清潔に保つ
・傷がある場合には、傷の周囲の色調の変化や痛みの出現がないか毎日観察する
・皮膚の消毒が人食いバクテリア感染症を予防するかは不明であり効果がある可能性と、逆効果の可能性が両方あるそうです

最後に

効果のはっきりとした予防法がないので、早期発見・早期治療することです。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

モダレーション

あなたはなにか運動をしていますか? 健康維持 健康な生活を送るためには、適度な運動が必要です。人間の体には、 ・血液・リンパの流れ ・胃腸の流れ ・尿の流れ ・空気の流れ ・気の流れという 5つの流れ …

ビジョントレーニングとは

ボクシングのWBA世界ミドル級王者村田諒太選手が行っていることで注目を集めているのがビジョントレーニングです。 これはものを眼でとらえる力や眼で見た物を脳で処理し、体を使って動かす機能を高めるトレーニ …

短鎖脂肪酸 太りにくい身体を作る

人間の腸の中には3種類の腸内細菌が存在します。 腸内細菌から「ダイエット・太りにくい身体」についてレポートします。 人間の腸の中には約300種類の菌が100兆個も棲んでいます。 これらの腸内細菌は善玉 …

日本食とマクガバンレポート

日本ほど世界中の食材を食べることができる国はないと言われています。 また現在、日本食が世界的なブームです。その背景として、日本食がヘルシーであるということが大きな理由としてあります。特に米国においてそ …

ミカンの食べ過ぎでわかる病気とは?

「ミカンにコタツ」 冬の定番ですね。 ついついミカンを食べ過ぎてしまいますよね。 あなたはミカンを食べると手が黄色くなることがありますか? じつは重大な病気の可能性があるかもしれないとのことです。 ビ …